大地震予言com。 大地震・前兆・予言.com 新着記事

2月10日に大地震!? “歌舞伎界の大物……”の予言は市川團十郎のことか

🐲 世界遺産になってすぐに大災害に見舞われました。

4

2月10日に大地震!? “歌舞伎界の大物……”の予言は市川團十郎のことか

👇 そして、来るべき、12月12日。

6

地質学者が懸念する「令和関東大震災」と日本沈没の可能性。首都直下地震は近いのか?

🙌 一安心ですが 「ワクチンの中には粗悪品も」という記述が気になります。 しかし……。 遠回しに書いているが、その地震の再来が来るということか?. ただ、気になる符合もある。

2

【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】木星と土星が800年ぶり大接近する「惑星直列」 天変地異が起きる予言も (1/2ページ)

♨ 1月28日の茨城県北部を震源とする震度5弱の地震から、今日(2月4日)までで、震度5弱の大きな地震が3回も続いている。 それとこうして書いていると「明治」と書きたくなりますが、どう云う意味なのかわかりません。 これら惑星が近づいてみえる現象には「惑星直列」という名前がついている。

19

2月10日に大地震!? “歌舞伎界の大物……”の予言は市川團十郎のことか

✊ 五島氏は1973年刊行の『ノストラダムスの大予言』などの著書があり、「1999年人類滅亡説」の火付け役として知られる。 「クハンダが来る」の予言は東日本大震災を機に、ネット上でも言及される機会が増えたことが確認できる。

6

地質学者が懸念する「令和関東大震災」と日本沈没の可能性。首都直下地震は近いのか?

👎 氏がかつて執筆された『ノストラダムスの大予言』と同じようなものである」 「予言」はこうして独り歩きした なお、大元の五島氏の著書では、「クハンダ予言」は数ある太子の予言の一つとして扱われるのみで、それほど重要視されていない。 とすると、ボイランの予言にあった「歌舞伎界の大物」は、中村勘三郎氏ではなく、市川團十郎氏であった可能性が高まる。

9