ワクチン 高齢 者。 “4月12日から高齢者への接種を限定的に開始” 河野規制改革相

高齢者へのワクチン接種、遅れる方向 本格化は5月以降―政府:時事ドットコム

🖕 25日は、自治体向けの説明会が非公開で開かれ、厚生労働省は3月下旬をめどに高齢者およそ3600万人に接種できる体制を確保するなどといった想定のスケジュールを改めて示しました。 一方、政府は新型コロナワクチンについて「2021年前半までに全国民に提供できる数量の確保を目指す」としてきた。

11

【新型コロナウイルス】ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし|日刊ゲンダイDIGITAL

🤫 規制改革担当相は26日の閣議後記者会見で、米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンに関し、6月末までに高齢者全員が2回打てる分量を各自治体に供給する方針を示した。 ファイザーのワクチンは3週間の間隔を空けて2回の接種が必要となる見込みで、厚生労働省は接種を開始して9週間以内にすべての高齢者が1回目の接種を受けられる体制を整備するよう求めています。 一方、河野大臣は「ファイザーの供給数量とEUの承認という不確定要素があり、きょう申し上げた数量が出せないということもあるが、どこかで決めて、お知らせしなければ、自治体も準備ができないので私の責任で申し上げた。

20

高齢者へのワクチン接種、4月12日から…都市部で遅れも : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

👇 Safety and Efficacy of the BNT162b2 mRNA Covid-19 Vaccine. そして、河野大臣は「高齢者は3600万人が対象になるので、ワクチンが全国に出始めたからといって、すべての方に、一斉に『よーい、どん』ということにはならない」と述べ、理解を求めました。 ただ、EUから承認を得ているのは3月1日到着分のみという。

9

高齢者向けワクチン供給、当初は非常に限られる=河野担当相

☯ 一方、河野氏は、欧州連合(EU)からのワクチンの輸入第3便が3月1日に到着すると発表した。 政府の新型コロナウイルスワクチン接種をめぐり、65歳以上の高齢者約3600万人への実施が遅れる方向となった。 ただ、本格接種が5月以降となれば、高齢者接種が終了するのは「当初より半月ぐらいずれ込む」(政府筋)との見方が出ている。

5

高齢者向けワクチン供給、当初は非常に限られる=河野担当相

🙄 4月から増産して欲しくていろいろ交渉しているが、おそらく5月になる。 首相は首相官邸で記者団に「4月5日の週に高齢者向けのワクチンを自治体に発送する。

ワクチン、高齢者が接種する場合の注意点とは?【医師への質問】(ミモレ編集部)

🤞 国内では全国の総合内科医の教育団体JHospitalist Network世話人やニュースメディアNewsPicksの公式コメンテーター(プロピッカー)等として、国外ではカンボジアでAPSARA総合診療医学会の常務理事として活動を行なっている。 政府は1人2回接種する前提で計画を進めているため117万人分となる。

11