進撃 の 巨人 ジャンプ。 「魔女の守人」が「進撃の巨人」のパクリ似すぎ?試し読みも【ジャンプ新連載】 | ニュースらぼ

ジャンプ編集者「う~ん・・・イマイチ!」 進撃の巨人作者「こいつは見る目ないな・・・せや!」

✆ 監修:世古 詞一 組織人事コンサルタント・株式会社サーバントコーチ代表取締役・日本エニアグラム学会ファシリテーター・1400社以上が導入している人材管理システム「カオナビ」のエニアグラムコンテンツの監修を務める。 しかも、 この時持ち込んだのも、 【進撃の巨人】だったとのこと! しかし・・・2度の持ち込みで、 認めてもらえず、 しかも、 「ジャンプを持ってこい」 と言われたことから、 諫山創先生は、 「何かに合わせて漫画を描くってのは、僕が思う漫画を描く意味ってのが損なわれてしまう!漫画家は自分にとって特別な職業なんだ」 (引用:) そう思われたことから、 ジャンプに持ち込みするのを辞め、 「チャンピオン」を経て、 最終的に持ち込んだ、 「マガジン」でやっと、 面白いと言われたそうです。

11

「魔女の守人」が「進撃の巨人」のパクリ似すぎ?試し読みも【ジャンプ新連載】 | ニュースらぼ

⌚ 【鬼滅の刃】人気声優の山寺宏一さん、無惨様かお館様の役をやりたがってたと判明wwwww• 音楽: 澤野弘之/KOHTA YAMAMOTO• 【呪術廻戦】真人「0. ジャンプで打ち切られた作者さん、とんでもないことを告白する・・・・・• 大手企業を中心に個人の意識変革から、組織全体の改革までのサポートを行う。

20

進撃の巨人をジャンプが門前払いしたと話題になってた時がありましたが、アレは正...

💋 これが発見されたことをきっかけに、ネット上では「これはホントにアカンwww先生wwwwwwww」「これはアウト 笑 」などと騒ぎになった。 リスペクトと言ってしまうのは簡単ですが、正直ここまで類似点が多いとリスペクトの領域を超えているんじゃないかという指摘も多いように感じます。 雑誌を上下逆さにしてみると、カタカナの文章が浮かびあがる。

15

『進撃の巨人』全巻99%OFF 最終回まで一緒に読もう!キャンペーン【期間限定|連載10周年感謝企画】

😘 どうせお前は面白い漫画を編集がボツにして、つまらない漫画ばかり連載させていると思ってんだろ? 逆なんだよ。

11

ジャンプ『魔女の守人』早くも打ち切りに! ジャンプの進撃の巨人とは何だったのか

☮ 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ• orz (2008「マガジンspecial」)• まぁ、いろいろと思うところあって、諫山先生は合わないと感じて他の道を選んだわけですが。

9

ジャンプ編集者「進撃の巨人…?これは売れない!」

😁 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• ワンピースの「斬撃」とかいう薄皮一枚削るだけの無能技wwwwww• あと諌山だって、ジャンプは一応、作画を別に用意して、諌山を原作者として連載する提案はしたからな? 自分で絵も描きたかったのと、週刊連載は体力的に厳しいってんで諌山がそれを断っただけで。 諫山氏は「週刊少年ジャンプ」(集英社)編集部にもこの作品を持ち込んでいたのだが、そこでの評価は散々。 しかし、その後『進撃の巨人』が大ヒット。

20

『進撃の巨人』全巻99%OFF 最終回まで一緒に読もう!キャンペーン【期間限定|連載10周年感謝企画】

✍ 「安定した仕事をやれ」 ということを父親は言ってたそうですが、 諫山創先生が上京することに対しては、 喜んでいたそうです。 。 面白い漫画や面白い漫画を描ける漫画家なんてのは、お前が思ってる以上に希少なんだよ。

諫山創・進撃の巨人作者の顔はイケメン!?ジャンプとの関係や年収、結婚は?|漫画家どっとこむ☆

⌚ 確かに、大きすぎる魚を逃したのは確かなので、ジャンプはこの話を引きずっているのではないか、なんて話も聞こえてきます。 「魔女の守人」が「進撃の巨人」のパクリ似すぎでネットで炎上 「魔女の守人」が「進撃の巨人」に似ている、パクリと言われているのには理由があって、漫画の舞台に城壁都市が出てきます。 確かに、このカットだけ見るともはやリスペクトで済まされるのか分からないくらいの内容ですね 汗 中には「似過ぎ」や「パクリ」と一部の人が言い出してしまう人がいるのも納得です。

5

ジャンプ『魔女の守人』早くも打ち切りに! ジャンプの進撃の巨人とは何だったのか

⚔ なお「進撃の巨人」は、コミックスのカバーを取ると同様の「暗号カタカナ」が描かれていることで知られ、今回の解読もファンにしてみれば難しいものではなかったようだ。 2011年 第35回講談社漫画賞少年部門 受賞 【進撃の巨人】 尊敬している漫画家 弐瓶勉、皆川亮二、三浦建太郎、新井英樹 など 備考• そのぶん、諫山氏を見出した「マガジン」編集部のスゴさを改めて実感することもできる。 諫山創先生は、 故郷をとても大切にされている方で、 地元では、 諫山創先生主催もイベントを、 開催されるとのこと。

1