セーフティ ネット 5 号。 セーフティーネット保証5号認定について

セーフティーネット保証5号認定について

🌏 5号(イ)1の場合• イ 指定業種に属する事業を行っており、最近3か月の売上高等が、前年同期の売上高等に比して 5%以上減少していること。 今期の 最近3か月(注1)分と前年の同時期分の合計6か月分が必要です。 1の月後2か月の見込み売上高等のわかるもの及び対応する前年2か月の売上高等のわかるもの• 【重要(変更事項)】 売上高等比較表に実印が必要になりました。

3

セーフティネット保証のための認定について 横浜市

☏ ・ ・ ・ <5号(イ)認定申請書(運用緩和)> ・ ・ ・ 認定要件及び必要書類 認定要件 次の要件のすべてを同時に満たしていること。 その他の号については、をご覧ください。 以下同じ。

5

セーフティネット保証5号:不況業種関係|尼崎市公式ホームページ

😁 業種は、平成25年10月改定の日本標準産業分類の細分類を単位として指定されています。 その他必要書類等 【法人向け】 印鑑関係• 信用保証料が無料になる(コロナウイルス限定) セーフティネット保証4号と5号の違いとは 保証枠についてはセーフティネット保証4号、5号で異なりますので、まとめとして比較表を載せておきます。 (9/18更新)• ・「横浜市緊急融資認定センター」の受付時間は、午前8時45分から11時まで、午後1時から午後4時までです。

セーフティネット保証5号認定について|那須塩原市

☯ セーフティーネット保証5号の認定では、下記の要件が定められています。 1 1つの指定業種のみを行っている中小企業者または行っている事業がすべて指定業種に属する兼業者の場合 次の要件のいずれにも該当することが必要です。 (令和2年19日から) 【ロ】原油価格の高騰 単一事業者• (注)直近とは申請月の前月の1日から申請日前日までです。

15

セーフティーネット保証5号について:練馬区公式ホームページ

🤝 令和2年5月1日から令和3年1月31日までのセーフティネット保証5号の対象業種については、 一部例外業種を除く原則全業種の方々がご利用できるよう、以下の中小企業庁ホームページのとおり指定されています。

1

セーフティーネット保証5号認定について

☝ (令和2年19日から) 前年実績の無い創業者等(運用緩和(2)) 以下1、2いずれかに該当し、売上高等が、対象月と比較して5%以上減少している中小企業者• 詳細は認定説明書をご覧ください。 対象となる業種は、その時々の業況に応じて定められており、もともと152の業種が指定されていました。 諸事情により郵送申請が難しい場合や御不明な点がございましたら、下記まで御連絡ください。

3